39光年先に・・・

SV001

先日NASAが「地球から39光年先に、赤色矮星を周回する7つの地球サイズ惑星を発見した」と発表しました。

7つの惑星は、地球に近い大きさと質量をもっていて岩石惑星であることはほぼ確実とされ、

さらに、そのうちの3つは、生命を育む海が存在可能な環境にあるらしいいんです!!

「やっぱり、宇宙人っているのね」

なんて、思ってしまいましたが・・・。

この発見は、科学や技術の進歩の賜物ですよね。

「スゴイ!!」

この一言につきます。

39光年先にあるということですが・・・

遠いですよね。どれぐらい遠いのかさえ分からないぐらい、遠いです。

1光年とは「光の速度で、1年間進み続け到達出来る距離」ですよね。

光の速度は秒速30万キロ(1秒間に地球を約7周半するスピード)ですから、

そのスピードで1年間進み続け行けた距離が、約9兆4600億km。

つまり、39光年×9兆4600億km=________

もはや、計算するのも面倒な、天文学的数字です。

これから先、もっと様々なことがわかってくるんでしょうね。

とっても楽しみです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です