水をかけるべからず

frying-pan-2618192_640

料理中や後、使い終わったアツアツの状態のフライパンに水をかけてから洗って

いませんか?

実はこれ、フライパンの寿命を縮めるのです…。

最近のフライパンはフッ素樹脂加工がされているものが多く、この加工がされて

いるフライパンは熱で膨張します。そこに冷たい水をかけることで収縮し、表面の

加工が傷み、傷んだ箇所からこびりつくようになり、徐々に劣化していくという

わけです。

そのため、洗う時は2~3分放置してからスポンジと中性洗剤で洗うのが長持ちさせる

ためにも良いそうです。

また、使用上の注意には「中火以下の火力で」と書かれています。

こちらも劣化につながるため…なのですが、ついつい強火で調理したくなっちゃいますよね;

最近流行りの低温調理に切り替えていくべきなのかな~と思ったり思わなかったりする

豆知識でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です