日常生活でできるエコ

wheat-3524928_640

毎日必ず、料理などで出る生ごみ。夏場は燃えるゴミの日までの間に匂いが気になったり

することも多々あります。

生ごみ処理機、なんてものもありますが導入しようにもちょっと…という時に生ごみを堆肥

にする「コンポスト」という方法があります。

家庭で始めるなら、一番簡単なのはベランダなどで段ボールを使って行う方法ですが本当に

大丈夫なの?と思ってしまいそうですが、最近は、定期便も登場しており自宅で気軽に

コンポストで堆肥が作れてしまうキットがあり家庭菜園をされている方には特に良いかも

しれません。

やり方は、初回に送られてくるフェルトバッグに付属の紙袋をセットし、コンポスト用の

基材を入れ毎日300gまでの生ごみを入れてかき混ぜるだけ!続けているとさすがに匂いは

若干するそうですが悪臭はないのだそう。微生物がちゃんと働いている証拠です。

これを2か月ほど続けたあと、2~3週間の熟成期間に入り、最終的には栄養価の高い堆肥が

完成する、という仕組みです。

ちょっとお金はかかるけど、ごみは減るし、夏場だけでもやってみる価値はあるかもしれ

ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です