春野菜

field-of-rapeseeds-474558_640

春というにはまだ早い気もしますが、春野菜を見かけるようになってきました。

春キャベツや菜の花、ふきのとう、タラの芽、うど、セロリなどがこれから旬を迎え

ます。ところでこの春野菜、苦味の強いものが多いと思いませんか?

この苦味が良い!という人と、苦いから苦手という人に好みが分かれそうですが、実は

この苦みには冬の間に体内に溜まった老廃物を排出してくれる植物性アルカロイドという

成分が含まれており、腎機能をアップさせるなど体のデトックス作用を高めてくれます。

食べるときに、短時間で湯がいてビタミンなどが流れ出るのを抑え、それからスープに

したり、また、天ぷらにすることで衣があることで栄養素が流出することを防ぎながら

油の力で香りやえぐみが和らぎ食べやすくなりでくれます。

ただ苦いだけだと思っていた春野菜にも、ちゃんと食べる理由があるんですね。

旬のものを旬の時に食べる事って、理にかなっているのだな、と感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です