オークション

wall-2591546_640

正体不明の芸術家、バンクシーの作品がまたまたオークションに出品されます。

前回2018年にオークションに出品された際は、1億5000万円で落札され、落札を

示すハンマーが鳴らされた直後に額縁に仕込まれていたシュレッダーが起動し

絵の半分が裁断されるという事件(?)がありました。

元々、バンクシーはオークションに否定的なことで知られ、壁画などが売り買い

される事に対し、ストリートアートは販売用に描いたものでない限り売り買いし

ないようにと忠告をしています。

それでもなお、オークションにかけようという者に対する挑発ともとれる仕込み

だったわけですが、今回は果たしてどうなることでしょう。

値段もそうですが、落札後の動向も気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です