ハレとケ

food-1932466_640

とある食品メーカーの調査で、共働き家庭で料理を作る習慣のある男女を対象に

新婚当初の料理行動を調査した結果が発表されました。

調査の内容は、新婚の時に料理に手をかけることにこだわっていましたか?という

もの。結果は、忙しい共働き家庭ではあっても、1位は手作りのおかずを1品以上

必ず作っていた、2位はレトルト・冷凍食品は極力使わない、3位は一汁三菜を

心がけていたというものでした。

しかし、そのうちの7割以上が最初の1年以内でこだわりが消失してしまった、

という結果も同時に出ています。

最初は楽しいんですが毎日のことなのでやはり頑張りすぎると徐々に息切れして

くるのは共通ですね…。

ただ、こだわりがなくなると言っても毎日続けることで手際も良くなり自分なりの

やり方が身についてきたんではないかな?とも思います。

最近では某料理研究家の方も、いわゆる「ハレの日」の料理でなくて良いと言っています。

毎日のことなので、普段はちょっとゆるく、たまに頑張る、程度で良いんじゃない

かな?と調査結果を見て考える次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です