甘茶

green-tea-2356770_640

4月8日は灌仏会。釈迦の誕生日を祝う仏教行事です。(関西は5月8日に行われるのが一般的)

各地のお寺では、花御堂を設けて釈迦の立像に参拝者が甘茶を注いでお祈りします。

甘茶をかけるのは、釈迦が誕生したときに産湯を使わせるために9つの龍が天から清浄の

水を注いだから、だそうです。

ところでこの甘茶って、アジサイの変種であってアマチャヅルとはまた違うんですね(!)

名前の通りとても甘くショ糖の400-800倍、サッカリンの約2倍もの甘味があり、タンニン

は含まれていますがカフェインはなく、生薬として使うと抗アレルギー作用や歯周病に

効果があるという優れもの。

昔から食用とされてきており毒性はないと考えられていますが、あまりに濃いものを飲む

と中毒を起こす恐れがあるのだとか。

アジサイ属の植物は食すと中毒を起こす、といわれていますが実は関連自体はよく解って

いないという…。

自然界にはまだまだ謎が多い&解明されると面白そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です