解禁

screws-87141_640

3月になると続々と旬のものがスーパーに並び始め、春の訪れを感じることが増えます。

中でも、イカナゴの新子漁が解禁されると「春が来たな~」と感じますが、「イカナゴの

くぎ煮」ってご存知ですか?

くぎ煮とは、水揚げされたばかりのいかなごをよく水洗いし、調味料で炊き煮詰めたものの

ことで、鮮度が高いほど身が瞬間的に引き締まり、きれいな曲線になりその姿はまるで

曲がった釘のようです。

漁が始まると町中でいかなごを炊くお醤油の香りがするため、春の訪れを告げるものとして

関西では知られています。

イカナゴ自体は全国的に分布しており地域によって呼び名は変われどその存在は知られている

かなと思うのですが、くぎ煮は神戸市や明石市近辺が発祥の地とされているのでやはり

関西のほうが馴染み深いかもしれませんね。

今年は漁の解禁が1週間ほど遅かったそうですが、これでようやく春が訪れるのだなと感じる

話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です