年輪

wood-3212803_640

3月4日はバウムクーヘンの日。

ドイツのお菓子のイメージを持っている方、多いと思いますが実はドイツではそれほど

一般的ではなく、日本に最初に持ち込んだのがドイツ人のユーハイム氏だったのだそう。

日本では年輪のような形状がおめでたいもの、とされ慶事の贈り物として人気です。

(最近は名前入りのお皿と並んで、重い・ホールタイプが殆どなので食べきれない・飽きた

などの理由で若干敬遠されがちだそうですが;)

海外でも食べられてはいるのですが、やはり日本ほどではないそうで…さまざまなバリエー

ションが登場し続けているところをみると本当に日本人って食べ物に対する探究心が

強く、貪欲なのだなぁと思わされます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です