氷上

chunks-of-ice-3216492_640

今日はクリスマス!なのですが、実はスケートの日でもあります。

1861年のこの日、函館に滞在していたイギリスの探検家が日本で初めてスケートをした

日なのだそう。

氷の上をスイスイと滑るのがスケートですが、実はこの原理っていくつかの説はある

ものの解明はされていないんだとか。何故滑るのかがわかっていない、ってこの現代に

於いてなかなか大きな謎ですね。

そしてスケートといえばフィギュアが一番に頭に浮かびます。

最近は日本人選手が世界で活躍しているのを見ると80年代以降~00年代って体型や

運動能力が大きく変わった世代なんだなぁしみじみと感じます。

指導の仕方、環境の変化も大きいと思いますが、男子・女子共にこんなに世界の上位に

複数の日本人選手がいるのが当たり前な時代がやってくるとは思ってもみませんでした。

技術もどんどん進化しているし、競技レベルも日々上がっていきます。

数年後、数十年後、どうなっているのか…数あるスポーツの中でも興味の尽きない

競技です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です