鉄分補給

knocker-1172580_640

最近、手のひらサイズの南部鉄器が売れているそうです。

何に使うかというと、煮物などを作るときに鍋に入れたり、お湯を沸かすときに

やかんに入れたりして手軽に鉄分補給ができるというもの。

(鉄分が多い「ひじき」も、加工の際に鉄釜で茹でるので鉄分の含有量が多いと

されていますね。)

他には、お正月にピッタリな黒豆の艶出しや、アサリの砂抜きにも使えます。

形は土偶やハートなどさまざまで1つの大きさは300グラム前後。鉄分って常に

不足しがちですし、意識的に取り入れようにも少し難しいのですごく良さそうです。

ところで、鉄分で健康といえば、離れて暮らす家族が犬を飼っているのですがその子は

気が向くとおもむろに鉄の鍋敷きを舐め始めます。

何故、鉄の鍋敷きを舐めるようになったのか(そして何故それを与えられたのかも)は

わかりませんが17歳になってもとても元気なのでこれも鉄分の力なのかな~とちょっと

思っています。

若々しくいられるなら南部鉄器から鉄分補給したほうがいいのかな…(だからといって

鍋敷きは舐めないけど/笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です