持ってる人

baseball-field-1563858_640

天皇が観戦する武道やスポーツの試合のことを「天覧試合」といいますが

1959年の6月25日、昭和天皇が後楽園球場で野球観戦をしました。

試合は一進一退の攻防。天皇・皇后が観戦をできるのは21時15分まで、と

なっており同点のまま9回に入った時は既に21時を少しまわっていたそうです。

このまま延長になると途中退席になる可能性がある中、4-4の同点を長嶋茂雄さんが

サヨナラ本塁打を打ち、試合は終了。結果を見届け、天皇・皇后は球場を後に

したそうです。

ここぞという場面で、力を発揮する・できる人って本当にすごいですよね。

何か持ってるな~と感じると同時に、それだけ日頃の積み重ねがあるのだろうなと

思います。何事も最後はそれまでしてきた努力!なんでしょうね。

有名な逸話ですが改めてスゴイ人なんだな~と感じます。

今日は天覧試合の日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です