パン

bread-2193537_640

みなさんパンはお好きですか?

ここ十年くらい、天然酵母を使ったパンやちょっと高級な食パンなど

常に何かしらのパンブームがある気がしますが、4月12日はパンの記念日です。

1842年の旧暦4月12日に軍用携帯食糧として乾パンを作ったのが日本で初めて

焼かれたパン、と言われています。

海外ではもっと早くから食べられていたのは確かなので、調べてみると紀元前から

その原型となるものはあったようで…最初は麦の外皮を炒ったり石で挽いて粉状に

したものに水を加えて煮て、お粥のような状態にして食べ始めたことが最初では

ないかと推定されているそうです。

(当たり前ですが)まずは麦を育てて食べるという行為が最初になるんですね。

その後、その粥状のものを数日放置することで酵母ができ自然発酵を始めたため

腐った部分以外を焼いて食べてみたところ軟らかくなることを発見したことから

徐々に現在のパンの姿へと進化していったようです。

食べ物全般に言えることですが、こんな食べ方誰が考えたんだろう…と時々思う

ことがあります。

しかし(推測ではあっても)こうして改めて歴史を知ると、偶然の積み重ねなのかなーと

思ったり…。

まだまだ世の中には不思議がいっぱいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です