フランスの祝日

crepe-suzette-187788_640

2月2日はクリスマス(冬至)から40日後にあたり、フランスではこの日、

家族や友人とクレープを食べるのが習慣の冬から春に移行するのを示す

お祭り「la Chandeleur」(ラ・シャンドルール)なのだそうです。

何故この日にクレープを食べるかというとクレープの形と色は太陽を

思い浮かばせ、良い天気の再来を示すからだとか。

クレープと言われて想像する、生地をクルリと巻いてその中に生クリーム

や果物をたくさん詰め込んだものではなくてお皿の上にクレープを畳んで

フルーツソースをかけたり、四角くしたガレットのほうがこの日食べるもの

としてはイメージに近いのかも。

フランスでは、2月2日に左手にコインを握りながら右手でクレープを上手に

ひっくり返せるとその年は幸運と繁栄が訪れると言われているそうなので

チャレンジしてみてはいかがでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です