晦日節

leaf-3039835_640

今日で1月も終わりですね。

1月は往ぬ、2月は逃げる、3月は去る、と言いますが皆さんの

1月は長かったですか?短かったですか?

そんな本日1月31日は晦日節(みそかぜち)です。

これは正月最後の日を表す言葉で、中部地方の一部の地域で祝われている風習だそう。

新しく餅つきをして神様に供えたり、松の内に年始回りに行けなかった親戚を訪問する

といったことを行う地方も存在します。

お正月は何かと忙しいですし、現在と違って遠くに住む親戚に会うのもなかなか

難しかったからこうなったのでしょうか。

ところで、正月って松の内までじゃないの?って思われるかも知れませんが

毎月最終日を「晦日」と呼ぶことと正月=1月の別名なので、これが正式なのだそうです。

まだまだ知らないことがたくさんあるな~と思う、1月31日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です