日本観測史上の最低気温

powder-snow-496875_640

先週の暖かさから一転、関東のほうでは数年ぶりに大雪が降り、今朝の気温は-4℃…と

本当に本当に寒い日が続きますね。

寒い寒いと言っていたら、今日1月25日は「日本最低気温の日」でした。

1902年の1月25日、北海道の旭川で日本観測史上最低気温の氷点下41℃が

観測され、青森県の八甲田山で日本の山岳史上最悪の遭難事件が起こったのも

明治35年のこの日のことです。

氷点下41℃はさすがにロシアとかでないと経験出来ないと思うのでどんな寒さかは

想像もつきませんが、例えば氷点下25℃以下の日に外を歩くと外気に触れる髪や

まつ毛、吐く息も凍り、川の水と周辺の気温との温度差で湯気が発生し、みるみる

うちに凍って濃霧みたいになっていくんです。

これはものすごい光景で、そしてとっても幻想的…。

これで寒くなかったら本当にファンタジー映画の中にいるような感じなんですが

何せ寒いのでちょっとそれどころじゃないです。

しかしそれよりも寒い日…なので116年前の日本の住宅事情を考えるととんでもない事

だったのではないかな、と寒さではなく、怖さで震えます。

そこまで気温が下がると、今の日本の住宅でも大変だろうな…。

寒い地域に住まわれている方を思うと、本当に頭が下がる思いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です