いい糖の日

lump-sugar-549096_1280

希少糖って最近よく聞きませんか?

「プシコース」「アロース」など、自然界での存在料が少ない単糖のことです。

逆に自然界に多量に存在する単糖はブドウ糖、果糖と呼ばれるものです。

自然界に多量に存在する単糖は細胞構成成分やエネルギーとなり、自然界に微量に

しか存在しない単糖はさまざまな生理機能を持ちます。

希少糖は生物の進化の過程であまり必要とされてこず、その存在理由も謎でした。

ですが、近年、希少糖には現代人にとって役立つ様々な機能が解明されつつあり

中でも「キシリトール」は虫歯予防に効果があると広く認知されている希少糖です。

同じ甘い糖でも、ブドウ糖や果糖の代わりに希少糖を使用することによって

血糖値の上昇を抑制したり、肥満を防いだり、食品本来の美味しさが引き立てられたり

するそうです。

今は希少な希少糖が広く普及するようになれば家庭でもお砂糖の代わりに使ったり、普段

口にするお菓子もブドウ糖や果糖とは物性の異なる希少糖に変えることで今までに

なかった機能を発揮する可能性があるかも?

今年から11月10日はいい糖の日、そして希少糖の日に制定されました。

良い糖を摂取して、健康的な生活を送ることがもっと普及するといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です