すぐやる課

PAKAKI0I9A4191_TP_V

ってご存知でしょうか?

昭和44年(1969年)10月6日に千葉県松戸市で発足し「すぐやらなければならないもので

すぐやり得るものは、すぐにやります」という精神に沿い現在も多くの要望の声を

処理してきている松戸市の市役所に存在する課です。

主な仕事内容は、「市政についての要望等の緊急処理及び連絡に関すること」を業務とし

職員が実際に現場にお伺いし、すぐ処理できるものはその場で対応し

すぐできないものや専門技術が必要なものについては、時間をかけて作業を行ったり

担当部署と調整して、対策を講じているそうです。

この課を作ったのがドラッグストアの「マツモトキヨシ」創始者である松本清氏なん

です。

所謂お役所仕事の追放を目指し発足されたすぐやる課ですが、今もなお困りごとに

即応する組織として機能しているというのはすごいことですし、継続していくのは

大変なことだと思います。

今日で発足から48年(!)。今後も続いていってほしいなと思う本日は、役所改革の日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です