豪雨

150909085567_TP_V

24日の土曜の夜から25日未明にかけ、

和歌山県南部で、局地的に激しい雨が降りました。

すさみ町や古座川町、串本町では1時間に約110ミリの猛烈な雨が降り、

それは数年に1度ぐらいの大雨だったようです。

スマホに防災速報が流れてくるので、夜中に何度か目が覚めました。

田辺市内はそれほど激しくは降らなかったように思います。

九州地方でも、同じように激しく降ったところがあるようですね。

今後心配されるのが土砂災害です。

「九州南部は火山灰が積もった地質なので土砂災害が起こりやすい」

との一文を目にしました。

今日も九州南部では激しい雨が降る予報なので、

最大の注意が必要ですね。

和歌山県も山が多く、どこで土砂崩れが発生しても不思議じゃない土地柄です。

土砂崩れなどの被害がないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です